digoonブログ

新しくも安くもない、でも「何かいいなぁ」と感じた商品・サービス。毎日を楽しくしてくれるアイテムをメモ

BBQ お買い物 アウトドア 海水浴 買って良かった

砂浜で使える、2回往復で済む。人と被らないキャリーカート[OUTPUT LIFE]グランデ キャリーワゴンがかなり使える

投稿日:

春、秋のBBQ。夏の海水浴、スキンダイビング。いずれも年々荷物が増えて、設営場所まで荷物を運ぶのが大変に感じてきた。そこで車から設営場所まで荷物を運べるキャリーカートを考えた。
キャリーカートに求めたのはつぎの3点。

 

こんなキャリーカートが欲しい

(1)4輪で荷物が運べるキャリーカート

2輪で荷物を運ぶキャリーカートで一度に多くの荷物は運びにくい。荷物も全て箱に入ってるわけではないのでいちいち荷物をキャリーカートに縛りつけるのは面倒。なので、4輪のカートがいい。

だいたい荷物はいつもこんな感じ

1 クーラーボックス&ソフトクーラー
2 タープ
3 タープポール
4 BBQグリル
5 木炭
6 炭消し
7 コット
8 囲炉裏テーブル
9 折りたたみチェア
10 調味料BOX
11 消耗品BOX
12 ペグBOX
13  簡易シャワー
14 バックパック(カメラ器材)
15 折りたたみテーブル
16 ガビングスタンド
17 ベンチ

※1のクーラーボックス、9のチェアは人数によって3〜6くらいになることも有り。

海の場合これらに追加して
1 フィン
2 ゴーグル
3 タッパー
4 ボディボード

これらをできれば1度に運べるものが理想だが、車のトランク一杯になる荷物、現実的

 

(2)人と被らないキャリーカート

これはキャリーカートだけに言えることではないんだけど、なんでもあまり人と被りたくない。パソコンだとウィンドウズよりMac、折りたたみチェアだとHelinoxよりAlite、フリースだとユニクロよりHoudini、みたいにどうしても少数派に寄ってしまう。だからキャリーカートもできるだけ見たことないものが気になる。

で、候補にあがったキャリーカート。

砂浜がいけるんだけど、二輪...!残念

 

有名メーカーということもあり、一番よく見かける気がする、コールマンのキャリーカート。キャリーカートとは言わず「アウトドアワゴン」というのもブランディングなんだろうか。

 

コールマンよりもタイヤが太く、よりオフロードに強そうに見えるキャリーカート。これは色が選べることと、価格が人気なんだろうと思う。

 

有名アウトドアブランド、ロゴスのキャリーカート。これもたまに見かける。極太タイヤがウリみたいなんだけど、どこにも砂浜OKと書かれていない

 

これ持ってる人見かけたことが無いから、これいいなぁ!と思ったんだけど砂浜では使えない、というBlogを見つけたので断念..

 

(3)砂浜でも使える

夏には海水浴・スキンダイビングへ行く。その時にも車につめるだけ荷物を積んでいくので、その荷物を運べる必要がある。場所によっては砂浜を50m以上移動する必要があるので、荷物を積んだ状態で砂浜を移動できることが必要になってくる。

 

 

この3点を満たしたキャリーカートとして買ってみたのがこちら。

 

3年前は楽天でもレビューが無かったが、この3年でだいぶレビューが増えたみたい。

 

https://review.rakuten.co.jp/item/1/212236_10012381/1.1/ev5/?l2-id=review_PC_il_iteminfo_05

キャリーワゴン 折りたたみ アウトプットライフ OUTPUT LIFE グランデ キャリー ワゴン カート キャリーカート  | みんなのレビュー・口コミ

 

 

グランデ キャリーワゴンを3年間使ってみて。

でかい。ワゴン車いっぱいに積んだものでも1人で2回でいける

これは他のレビューでも多く見られるが、ほんとにデカイ印象。初めて見た友人もほぼ100%「デカッ」という。その大きさのお陰で、先に挙げた荷物を運ぶのにだいたい2回で済む。しかも一人で運べる

 

まだ人と被らない。持ってる人を見かけない。「どこで買えるの?」と聞かれる

この3年河川敷や琵琶湖沿いでBBQ、京都、福井、三重で海水浴をしてきたが、1度も同じカートを持ってる人に会うことは無かった。それよりもこのカートを使って荷物を運んでいるのを見ていた知らない人から「どこで買えるのですか?」「なんていうメーカーのものですか?」といったことを毎年5〜6人から聞かれた。
聞いてきた人の中にはキャリーカートを持っている人もいた。そのカートを隣に並べると倍以上のサイズの差があり、積載量はもっと違うように感じた。

 

砂浜でも運べる

キャリーカートを探した際にこの「砂浜でも運べる」をクリアする商品を探すことが一番難しかった。
だいたい芝やグランドでの利用を想定していて、砂浜を想定しているものはタイヤがボールのようなタイプのものであったり、二輪だったりする。
実際にキャリーカートを砂浜で使ってみて分かったことは、砂の質によって運ぶ際の力加減が大きく異るということ。細かな砂浜で、数日天気が良い環境だとめいいっぱい荷物を乗せて重い状態だとカートを押す際に相当力が要る。その場合は荷物を7割くらいの量にして運ぶことがある。
逆に、砂が粗い砂浜や前日に雨が降った後の砂浜だと芝の上と同じような力加減で運ぶことができる

このタイプ

のキャリアカートではタイヤが砂にとられて進むことができず、前後を持ち上げて担架のように使っている人をこの3年で10人くらいは見てきた

 

 

改善を期待したいこと

このキャリーカートのタイヤはプラスチックのような素材。中が空洞になっていて軽量のために砂浜でも運びやすくなっているんだと思うが、このタイヤを形成する際にできる継ぎ目部分に亀裂が入ってくることがある。購入して2度使った時にそこから砂が入ったことがあり、そのときは商品を交換してもらった。
3年目の今年、また似たような症状になった。まだ使える状態だが、出かけ先で壊れると厄介なので、大きいほうのタイヤ(前輪)だけ予備を買った。

 

 

現状、大満足

砂浜利用が選択肢にある方はぜひとも検討の1つにいかがでしょうか。河川敷、キャンプ場のほか、琵琶湖の整備されていない草木があるところを通って荷物を運ぶのにもばっちり使えました。30〜40cmの雑草が生えしきってるところでもこのキャリーカートはOKでした。

 

 

-BBQ, お買い物, アウトドア, 海水浴, 買って良かった

Copyright© digoonブログ , 2018 All Rights Reserved.